婚約指輪とは

婚約指輪お役立ち情報局

婚約指輪とは男性から女性へ婚約の証として贈られる指輪のことであり、メインの宝石としてダイヤモンドが使われていることが多いです。

婚約指輪とは

婚約指輪とは主に男性から女性へ婚約の証として贈られる指輪のことです。

婚約指輪が贈られる場面はカップルによって様々です。
男性が婚約指輪を選び、プロポーズの際に一緒に女性に贈る場合
結納の席で贈る場合
男性と女性が一緒に買いに行き、一緒に選んで買うという場合等があります。

結納としてもらう場合には「結納返し」が必要となります。
女性からも婚約の証を男性に贈るのです。
覚えておくほうが良いでしょう⇒結納の意味と伝統について

婚約指輪にはダイヤモンドがメインの宝石として使われていることが多く、実際にダイヤモンドの婚約指輪を選ぶカップルが多ぃいます。
ですが、最近では女性の誕生石等のダイヤモンド以外の宝石を使用した指輪や、特に宝石を使用していないシンプルな指輪等の自分好みの婚約指輪を選ぶカップルも多くなっています。

特別な時だけに付けるのではなく、普段からつけることができるようなシンプルなデザインの婚約指輪も人気を集めています。

婚約指輪の値段は宝石の大きさやブランドによって大きく異なります。

一般的に婚約指輪の値段は男性の月収の3倍と言われていたこともありました。
最近では無理のない程度で自分の収入に見合った婚約指輪を選ぶ男性が増えています。

無理をして高価な指輪を贈られるよりも、例えどんな安い指輪でも婚約指輪を贈ってくれるという気持ちが女性は嬉しいのです。

SpecialContents
婚約指輪を贈る意味
婚約指輪のお返し